宇都宮市のアクア整骨院 交通事故治療・むち打ち治療・事故後のリハビリは当院へお任せください。

交通事故による様々な症状

むちうち症<外傷性頸椎捻挫>

 

交通事故のケガで最も多く診られるのが外傷性頸椎捻挫、 通称むちうち症です。
一般的には頭部が前後に鞭のようにしなり頸椎の可動域を超えて大きく揺らされて起こるとされており、首の筋肉や靭帯を損傷したり、特に頚椎の関節にゆがみが生じてしまうことが特徴です。

 

しかしむち打ち症は、レントゲンでは異常が見つかりにくい上に交通事故直後には症状が現れないことが多いため、事故後すぐに家事や仕事を行って症状を重くしてしまうという実例が少なくありません。

 

むちうち症の種類と症状

 

頸椎捻挫型

 

むちうち症の70〜80%を占めるのが頸椎捻挫型と言われております。頸椎周辺のの筋肉・靭帯・軟部組織の損傷で多くみられます。
首を動かした時の痛み、首や肩の動きが制限される。後頭部や首・肩・背中の痛み、こり、頭痛やめまいなど

 

頸椎神経根型

 

頸椎から出ている神経を痛めたり、頸椎の並びに歪みができると腕、手などに痛み・痺れが発生するのが特徴です。
捻挫型の症状に加え、手、腕の痛み、痺れなど

 

バレ・リュー型

 

頸椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、後部交感神経症候群とも言います。
自律神経・脳幹の症状が発生します。具体的には頭痛、吐き気、めまい、耳鳴、、全身の倦怠感、目精疲労、不眠、等の症状が首の痛みと共に現れます。

 

脊髄症

 

頸椎の神経管が通る脊髄が傷付いたり、下肢に伸びている神経が損傷されて下半身に知覚障害や痺れなどが出現して歩行困難になることが特徴です。
上肢の痺れ、歩行障害、膀胱傷害、直腸障害など

 

脳脊髄液減少症(低脊髄圧症候群)

 

事故の衝撃により一時的に髄液圧が急上昇しその圧によりくも膜が裂けてしまいそこから脳脊髄液が漏れて、自律神経の症状が出始めます。
初期には頭痛が特徴的で天候(気圧の変化)によって左右されます。

 

 

 

 

 

 

 

【診療時間】

午前9:00〜13:00  平日 午後16:00〜22:30

【休診日】 土・日曜午後・祝祭日

HOME 当院のご案内 初めての方へ 交通事故治療 Q&A アクセス お問い合わせ